社団法人 日本建築家協会(JIA) 世田谷地域会

シンポジウム

「公共建築のこれから〜とことん使う知恵〜」

つなげてゆく建築・まちづくり考シリーズ1



チラシはこちら


日時:平成23 年12 月17 日(土)18 時〜21時(開場:17時40分)
会場:世田谷区区民会館集会室(東京都世田谷区世田谷4 -2-27)
参加費無料、資料代:500円、先着220 人

私たちに身近な学校やコミュニティーセンターなどの公共 施設の多くは戦後建てられた建物ですが、まだ物理的耐用 年数を満たさない建物までが次々に建替えられようとしています。世田谷 区でも毎年かなりの予算がそのために使われています。も ちろん人命を守るための耐震工事は早急に必要とされますが、まだまだ使 える建物を壊して次々に新築することが低炭素時代にふさ わしいかどうかをそろそろ考える時期に来ているといえるでしょう。欧米 では建物を改修して新しい使い方をする事例が多く見られ ますが、我が国でも古くなった建物を改修して再生したり、統廃合で使わ れなくなった小学校の校舎を改修して他の使い方を始めた 例などが話題にのぼるようになってきました。
このシンポジウムでは防災や公共投資縮減、省エネルギー の観点も踏まえながら、これからの公共施設のありかたや 、これをいかに長く楽しく使ってゆくかについて、行政や様々な関係者の 視点から考えていきたいと思います。


パネラー 
保坂 展人(世田谷区長)、
黒崎 輝男(デザインプロデューサー)
鰺坂 徹 (建築家) 
市原 出 (東京工芸大学教授)
野沢 正光(建築家)
彦根 アンドレア(建築家)

モデレーター
小林 正美(明治大学教授)  

主催:社団法人日本建築家協会関東甲信越支部世田谷地域 会
後援:世田谷区、社団法人日本建築学会(予定)
連絡先:世田谷地域会事務局 (有)黒木実建築研究室
TEL03-3439-4190 FAX03-3439 -4726 E-Mail:skyland@jcom. home.ne.jp
日本建築家協会世田谷地域会HP:http:// www.jia-setagaya.com/


配布資料

チラシ

シンポジウム紹介

パネリストプロフィール

鰺坂徹氏資料

野沢正光氏資料

市原出氏資料

彦根アンドレア氏資料

黒崎輝男氏資料